オーストラリアサッカーの近況

新型コロナの影響で世界中の人が苦しい思いをしています。

もちろん、影響はサッカー選手にも及んでいます。Jリーグはいつ再開するかもわからない状態で経営的に厳しいクラブも出てきており存続が危ぶまれています。

加えて、海外でサッカーをしている選手も同じです。
国によっては完全にロックダウンをして外出ができなく、1日中自宅待機。外出は必要な食料などを買いに行く際のみ。

伝え忘れていましたが、オーストラリアから帰国した選手もいれば現地に残った選手もいます。
残る決断を決めた選手とは定期的にzoomを通して英会話しています。

話を戻しますが

身体を動かすのが仕事でもあるサッカー選手にとっては非常に厳しい日々が続いていると思います。

サポートしている選手(シドニー)に話を聞くと外出時のルールが厳しいとのことです。

3人以上で行動をしてはいけない。
もし、警察に見つかれば一人ずつ1,000ドルの罰金(およそ7万円)

実際に罰金をもらって選手もいるそうです。

ただ、2人であれば問題ないので2人で公園にいきパス、ロングキック、1対1のトレーニングとだいぶ限定したトレーニングになってます。

そんな中、サポートしてる選手には普段はない時間が今はあると伝えています。

そこでその時間になにをするのか?
中には半日ほど英語の勉強をする選手もいれば、将来のことを考えビジネスの本などを読んでる選手もいます。また、体幹をこの時期にしっかりと基礎から行う選手などと多くの取り組みを

「この時間」に当てています。

幸い、オーストラリアでは少しずつ解除が進み5月15日から10人までの行動がOKになる予定です。

少しずつではありますが、グループでのトレーニングが再開していき
早く日常に戻るといいですね。

1日でも早くチャレンジしに行った選手がピッチで躍動しているニュースを皆さんにご報告できることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です